コットンパールとMicro社のアクリルでおいしいスタイル作り

「国産のコットンパール」と「イタリア フィレンツェ のアクリルパーツ」を組み合わせて作る。
キャンディーみたいに可愛らしいアクセサリーのレシピをご紹介します。
メインの大きなパーツは自由に選び、添えるパーツはお手持ちのパールなど、気軽に、たくさんの「色」と「サイズ」を組み合わせて、新しいデザイン作りを、お楽しみくださいね。

MENU

華やかなカラフルネックレス

コットンパールとシトラスネックレス
レシピを見る

コーラルピンクアレンジ
材料を見る

イタリア フィレンツェ ミクロ社製の “特徴的な大ぶりのパーツ”を2つ使ったネックレス。
雲がかったような「クラウドエフェクト」の、ほのかに透け感ある軽いアクリル。
”磨き上げられた天然石”のような艶感がすぐれたパーツです。
天然石のような風合いを出すため、あえて形状にばらつきがあり、お届けする形が写真と異なることがございます。
「左右どちらに配置しようか、上下どちらに糸を通そうか」と、考えるのも手作りの楽しみの一つですね。
ミクロ社パーツの風合いを、満喫してくださいね。

今回のネックレスは、ビタミンカラーの 「オレンジ」を使用したレシピをご用意しました。
女性らしい、柔らかな印象の「コーラルピンクのアレンジ」も、お楽しみくださいね。
どちらも、お出掛けにぴったりの軽やかなアクセサリーです。

実用性抜群、爽やかグリーンとブルーアレンジ

グリーンボールネックレス
レシピを見る

サックスブルー アレンジ
材料を見る

爽やかなグリーンと上品なサックスブルーのネックレスは、華やかでありながらも落ち着いた印象で、とても実用性のあるネックレスです。
国産のガラスビーズとパール、イタリア製のアクリルパーツ、それぞれの質感の違いが楽しめます。
とても繊細な輝きを放つ小さなビーズボールとツイストビーズが、カジュアルにもきちんとした装いにも、さらりとなじむデザインです。

ころんと可愛いボリュームピアス

こちらは参考作品ですので、作り方の掲載はありません。写真を参考にお作りくださいませ。
ティーピンやアイピンを使ってピン曲げのテクニックでパーツをつくり、 パーツと金具を繋ぎ合わせて作ります。

長方形のミクロで作るピアス
材料を見る

丸いミクロで作るピアス
材料を見る

柔らかなカラーの「コットンパール」と「ミクロのアクリル」がバランス良く配されたピアスです。
可愛いコロンとしたパーツに合わせて、丸みのあるピアス金具を選んでみました。
注目を集める”揺れる”アクセサリーは、いかがですか?
メインのアクリルパーツには、カラーバリエーションがございますので、お好きなカラーでお作りくださいませ。

コットンパールの組み合わせレシピ

ちょっとしたお呼ばれ用。普段使い用。いくつあっても、困りませんね。
さて、「コットンパール」はいつもどんな風にお使いですか?
その都度違うサイズ違うカラーを買い足して、ちょっとずつ余ったりしていませんか?
余ったコットンパールたちが使えそうなレシピのご紹介です。
サイズ、カラーの違いを織り交ぜて、上手に使ってみましょう。

コットンパールの三つ編みネックレス
レシピを見る

淡いカラーのコットンパールは、色を混ぜて使えば、主張しすぎない可愛さで仕上がりますね。

ショートネックレス

こちらは参考作品ですので、作り方の掲載はありません。
写真や類似のレシピを参考にお作りください。

コットンパールとミクロのショートネックレス
材料を見る

コットンパールの間に小さなメタルパーツを通しながら作ります。
トップに向かって徐々にパーツのサイズを大きくしながら作ります。
透け感のあるアクリルパーツを2色、シンメトリーに配置します。

ロングネックレス

こちらは参考作品ですので、作り方の掲載はありません。
写真や類似のレシピを参考にお作りください。

コットンパールとミクロのロングネックレス
材料を見る

8mmのコットンパールと”淡いパープル”を取り入れたネックレス。
2色のパールの間に使った、パープルが、ほどよくなじみます。
ポイントのアクリルパーツは、7色ございます。お気に入りのカラーでお作りくださいませ。

今回のレシピはいかがでしたか?
サイズや色の違う「コットンパール」を、気にせず一緒に使ってみたり、カラフルに色を組み合わせてみたり。
これまでビーズワークを楽しんだ方なら、ほんの少しパーツを買い足すだけで、作れそうなレシピです。
どのレシピも、色・形・サイズを統一させない、トレンド感を残した、デザイン作りが良いですね。
お手持ちのビーズ・パーツと、今回掲載したレシピや参考作品を眺めながら
「どんなMicro社製アクリルパーツを組み合わせようかなぁ?」
「この色にはこっちが、合いそうかな?」
「よしっ、この形にぴったり!」
と、ゆったりとした、デザイン作りをお楽しみくださいませ。