【連載】次の休日、ビーズでなにつくる?

(スタッフ 今川)

No.02 大切な友達に贈る、「ありがとう」の気持ちを込めたマスクホルダー。

このコーナーは、“ビーズを愛する皆さんとビーズワークの楽しさを共有したい!”という思いから、ビーズワークのちょっとしたコツなんかもちょこちょこ織り交ぜながら私が最近作ったハンドメイドをラフにご紹介していきます。

キットやレシピを卒業してそろそろオリジナルを作りたいと思っている方のアクセサリー作りのヒントや、とにかくビーズが大好き!という方とビーズでハンドメイドする楽しさを共有できればうれしいです。

今年も残りわずかとなりました。
友達に今年一年のありがとうの気持ちを込めて、ハンドメイドのマスクホルダーを贈ることに。

はじめは何にしようか迷ったのですが、まだ続きそうなマスク生活に使えて、金具同士をつないだらネックレスとしても使えるマスクホルダーに決めました。

いつも落ち着いた色合わせで、メンズライクとフェミニンを上手にミックスしたコーディネートを着こなすお洒落な友達。

シックな色の中にも“カッコイイと可愛いを兼ね備えた彼女らしさ”を表現したいなと思い、ベースカラーにはネイビーを、ポイントには淡水パールを選びました。

ネイビーのビーズ選びも、こだわりのある彼女らしさを意識したアートっぽさのあるピカソコーティングビーズを取り入れることに。

使う金具は、必要な副資材が全て揃っているマスクホルダー用ワイヤーセットをチョイス。片側の始末がしてあるのですぐにビーズを通すことができて、通し終わりの始末だけで作れるのでとっても簡単なアイテムなんです。金具の色はシルバーにしました。

彼女をイメージしながらせっせとビーズを通していきます。

ビーズの配色のときに気を付けたことは、シードビーズとパールの組み合わせがぼんやりしないように、パールの表端に金具と同色のメタルパーツを配置してメリハリを出すことと、同じパターンを繰り返すことで、全体がスッキリした印象になるように考えました。

通し終えたら、マスクホルダー用ワイヤーセットのメタルビーズを通して、目打ちを使ってナイロンコートワイヤーをゆるみがないように引き締めながら始末をします。

マスクホルダー用ワイヤーセットの中に、始末の方法が詳しく掲載されているので、簡単に始末が出来ました。

完成したマスクホルダーがこちら。

繊細なビーズラインとネイビーの組み合わせが彼女のイメージにピッタリなマスクホルダーができました。

最近の連絡手段はすっかりラインばかりなので、今年は日ごろのありがとうの言葉を手紙にして、マスクホルダーと一緒に贈ろうと思います。

ビーズコードのマスクホルダー作りにおすすめ